クレジットカードのリボ払いにおけるメリット、デメリット

クレジットカードで利用した代金の支払い方法として、リボ払いというものがあります。リボ払いは通常のクレジットカードでも利用することが可能であるほか、リボ払い専用のクレジットカードも存在しています。

リボ払いとは、合計の利用金額と無関係で、毎月の支払い金額を一定の金額に抑えられるというメリットを持っています。

例えば利用限度額100万円のクレジットカードを使用して、100万円の買い物をリボ払いによって行い、月々の返済額を1万円と指定した場合には、100万円を完済するまで毎月1万円プラス利息以外のお金を支払う必要がありません。

大きな金額の買い物がしたいけれど、月々の支払額は最小限に抑えたいという方にとって、リボ払いは頼もしい味方となり、無理のない返済を後押ししてくれる存在です。

ただし、リボ払いには高額な利息がかかってしまうというデメリットも存在しています。

リボ払いにおける利率は最大で18%程度までと定められており、例えば100万円を利率18%のリボ払いで返済するという場合には、年間で18万円の利息の支払いが必要となります。

月々の返済額を1万円に設定した場合では、元金の返済額よりも利息の金額のほうが上回ってしまうため、返済に時間がかかりやすくなってしまいます。


このページの先頭へ